パーマロイ箔

パーマロイ箔

  • 磁場遮蔽用パーマロイ箔
  • 磁場遮蔽用パーマロイ箔
  • 磁場遮蔽用パーマロイ箔

概要

  • 高透磁率(High Permeability)製品であり、磁場 シールド効果に卓越
  • 曲げ、切断など筐体加工が容易である

特長

  • 高透磁率
  • 磁場シールド
  • 曲げ、切断 、筐体加工 、両面テープ付着 、はんだ付けなどが 容易

製品の詳細

材質(PC)仕様

区分 結果値
比重 8.74
膨張係数[℃ x 10-6] 12.9
引張強度 [PSI x 103] 135
降伏強度 [PSI x 103] 21
硬度(Rockwell B) 58
伸率(/ 2inch) 38%
融点 2650°F / 1454℃
熱伝導率 [Btu·inch/ft2/hr/˚F] 240
最小動作温度 4°K
区分 結果の値
電気抵抗[μΩ· mm] 620
飽和磁束密度[Gauss] 7,700
初期透磁率 30,000
透磁率(/40B) 70,000
透磁率(/200B) 90,000
最大透磁率 400,000
保磁力 max. 0.02
キュリー温度 860°F / 460℃


パーマロイPBとPC物性表

項目 PB PC
Niの含有量 49% 80%
比重 8.18 8.8
電気抵抗 480μΩ·mm 620μΩ·mm
キュリー温度 449℃ 460℃
比熱 0.5kJ/(kg·K) 0.49kJ/(kg·K)
飽和磁束密度 15,000Gauss 7,700Gauss
保磁力 0.1 Oe 0.008~0.02 Oe
最大透磁率(Dc) 100,000 300,000
Hysteresis Loop of PC


磁場シールド方法


磁場シールドは発生源や被害部品を完全に密閉されるように包み込むが最も効果的であるが、上記の図面のように特定の部分のみ被ったり、カバー式で装着しても、シールド効果を得ることができる

円筒形で包むとか四角筐体に製作する時には、継ぎ目部位や本体と蓋部位に隙間が発生しないように注意する

* 注意:パーマロイの固有特性の為、加工や物流の際にパーマロイ箔に直接的な衝撃が加えられると特性が失われる可能性がある


適用事例

パーマロイ箔で磁場発生部分を包むか、パーマロイのケースにセンサー制御部を入れ込んで外部磁場から保護する


  • 磁場遮蔽用パーマロイ箔
  • 磁場遮蔽用パーマロイ箔
  • 磁場遮蔽用パーマロイ箔

磁場に敏感な機器

対象機器 影響 基準
SEM / E-BEAM 外部磁場の影響で、電子放射線に影響を与える/画像の変形 2mG
TEM SEMより高倍率の装備で、より磁場に敏感である 0.2mG~1mG
SQUID 生体超微弱磁気診断装置、外部磁場による誤診憂慮
MRI 診断の時に外部から直流磁場の浸透による誤動作 2mG

関連製品

MAGshiel-Foil

MAGshiel Foil

  • 極薄型の磁場シールド材(T 0.005mm〜0.030mm)
  • 軟磁性材料で高透磁率、低保磁力、低損失の特性を保有
  • 非常に柔軟して、ハーフカット、切断などが加工性が容易で、スリム型機器の磁場シールドに適合である
MAGshiel-Adhesive-Tape

MAGshiel Tape

  • MAGshiel Foilに粘着を付けた製品で、磁場シールド効果と粘着力が優れている
  • 粘着シートの選択によって電場シールドも可能